知識探偵クエビコ

人類史・古代史・神話の謎を探ったり、迷宮に迷い込んだり……

オーストロネシア――熱帯動植物文化の探求・聖樹カジノキ再び

次はカジノキ(Broussonetia papyrifera、クワ科*1コウゾ属。漢字で「*2の話をまたしよう。以前のカジノキ記事の続きだ。でも、ラピタ人とブタとニワトリにも触れる。

カジノキ

まずは、そのときの論文よりちょっとだけ前の2014年12月の論文をさらっと。

約8000年前の最古の樹皮加工具(樹皮を叩いて柔らかくする石器)も、問題の地域・広西のDingmo site百色市布兵盆地洞穴遗址群で出ていた。揃うねえ。

The oldest bark cloth beater in southern China (Dingmo, Bubing basin, Guangxi)

樹皮加工具地図

*1:カジノキは葉っぱがクワに似ており、「」という漢字も三つに割れた葉っぱが元のようだ。

*2:穀物の「」とは微妙に違うが同音。特に手書きだと文意でしか見分けられない気がする。

続きを読む

オーストロネシア――熱帯動植物文化の探求・イネ

そろそろオーストロネシアの話に戻ろうかなと。思い出しておくと、前はこの記事(オーストロネシアの人々――謎のヌサンタオ編)だ。

文化的な話を中心に、遺伝学など他の学問も絡めてやります。

以前のイネやもっと以前のカジノキの話の続きとその他聖樹だとか、家畜化された動物も絡めて、北回帰線沿い地域と絡めて書こうと。

やった気がしてたが、繰り返し話はしてたがやってなかったイネのまとめ。

そして今後、以前書かなかった銅鼓・ドンソン文化・船棺・サーフィン文化などベトナム関係のまとめや、水人・家船・お歯黒などもやるぞ、と。大部分のテーマは次回以降。繋がりとまとまりを考えつつ適当に分ける。

 

実は、要注意の文化や集団や物は他にもあった。

そしてこれらは、歴史において軽視されがちな、北回帰線(tropic of cancer)より南、緯度で定義された熱帯(tropics)の話なのだ。

熱帯(tropics)

この南の熱帯地域は、決して文化不毛の地ではない。

そもそも各種栽培植物や家畜*1を調べると、イネタロイモサトイモ)・ヤムイモバナナここまで前回記事中央にあるイヌこれも記事にしたブタ(アジア系*2)・ニワトリなど、この中国やインドの一部も含めた広めの東南アジアあたりが起源である場合は非常に多い。

そしてこれは、氷河期ですら豊かな植物種が途切れなかった、問題の地域の自然環境の豊かさを考えれば、特に不思議なことではない。

しかしこの科学的には当然の事情にもかかわらず、これら栽培植物・家畜は、「高緯度地域が文化の中心」という伝統的な重たい偏見を裏切る文化現象になってるわけだ。

 

というわけで最初は、思い出しもまとめも兼ねて、またイネの話をしておこう。

これはつまり、次の図(遺伝学)の地域の話をやるということでもある。

オーストロネシア人起源地図
Resolving the ancestry of Austronesian-speaking populations | SpringerLink 2016年

イネこそが、このオーストロネシア人起源地図(&タイ・カダイ語族)との関連性が最も高いらしき話。ただし時代を遡るためオーストロネシア人自体の段階はあまり出てこず、タイカダイと分かれる以前の、オーストロアジア語族など複数語族の祖先集団と関わるお話になる。

 

*1:栽培化も家畜化も英語にすればまとめてdomestication。翻訳すると「馴致」(じゅんち)なんて表現もあるがわかりにくい。悩みつつタイトルに「動植物文化」と書いたら、このほうがニュアンスの収まりがいい。

*2:中近東でも別に家畜化された。

続きを読む

原発事故は予見できたか?

これだけはどうしても言わなければならない。

予見できなかったという考えは、完全に論理が転倒している。

 一方、首藤(しゅとう)伸夫・東北大名誉教授(津波工学)は「津波が起きた後で、予見できたと言うのは簡単」と、確証を持って予見するのは難しかったとの見方を示す。東日本大震災前の06年、政府の中央防災会議が福島沖の津波地震を「十分な知見がない」として防災対策の検討対象から外したことを引き合いに、「発生確率が低い津波に対し、国が対策を取らないのに東電が(対策に)投資すると言っても、株主の説得は難しいのでは」と話す。

この首藤(しゅとう)伸夫・東北大名誉教授(津波工学)の、株主の論理は、完全に論理が転倒してる。完全に間違ってる。

「対策は取らなければならない」という決まりにして、その行動を法的に支持しなければならないのだ。

この口実があるからこそ、株主を説得できる。

この口実がなければ、そもそも外国にいて日本に住んでいない場合もある株主を説得できないだろう。

そこで「対策を取らなくて良い」などという責任逃れの免罪符を与えて、対策を取らないことを積極的に推進してはいけない。

(実は外国の株主は、「対策を取らせないようにして日本を危険にする」という選択を取ることも出来るわけだ)

 

こんな免罪符を発行したら、社会は崩壊してしまう。あり得ない。

これはモラルハザードだ。