読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識探偵クエビコ

人類史・古代史・神話の謎を探ったり、迷宮に迷い込んだり……

日本人のY染色体構成β

日本人のY染色体ハプログループ構成β

 ここは、元の論文へのリンクを貼れないような、あまり信頼度の高くないデータを扱うために作った別室。
 もちろん元のデータも利用し、新たなデータを加算している。信頼できるデータが見たいならそちらへどうぞ。しかしこっちには、数の少ないところとか、今まで無かった場所のデータがあるから、データの少ないところで先走るよりはこっちのデータを見たほうがいい。

日本人のY染色体ハプログループ構成β(パーセント比)
 D1bC1a1C2O1aO1b1O1b2*(x47z)O1b2-47zO2Nサンプル数
北海道
札幌+旭川+N
+M北海道
40.9 3.0 5.6 1.2 1.8 8.5 17.8 17.3 0.8 2.9 762
508+201+3
+50
東北
青森+N
+M青森宮城
31.5 3.9 5.0 3.3 0.6 6.1 27.1 17.1 2.8 2.8 181
26+19
+96+40
関東
川崎+N+東京茨城
+M東京群馬千葉
37.1 4.2 6.1 1.4 0.5 7.7 25.2 16.3 1.0 0.5 771
321+137+57+50
+98+71+37
東海甲信
名古屋+静岡+N
+M静岡山梨
34.4 4.1 3.1 1.9 0.8 10.9 24.3 19.1 0.4 1.0 486
207+61+33
+143+42
北陸(越)
金沢+N
+M富山
32.0 3.9 6.3 1.2 2.1 10.3 20.5 20.7 1.5 1.4 584
530+13
+42
関西
大阪+N
+M和歌山兵庫三重奈良
30.6 6.2 5.1 1.2 1.2 8.8 20.9 23.0 2.1 0.8 487
241+19
+79+74+45+30
中国
山口+N
+M岡山山口
30.9 7.4 9.0 3.2 1.6 6.4 18.6 21.3 1.1 0.5 188
44+16
+75+53
四国
徳島三論文+N
+M愛媛
28.3 6.1 6.9 1.3 2.0 9.9 23.4 19.2 2.0 0.9 637
398+70+57+9
+103
九州
長崎+福岡+H+N
+M長崎福岡
32.1 4.0 6.7 0.5 1.0 9.0 23.0 21.2 1.4 1.0 579
300+102+53+13
+60+53
沖縄
二論文合計+N
+M沖縄
40.1 10.0 2.2 0.7 0.7 8.2 15.8 19.7 1.1 1.4 279
87+45+1
+146
全体
アイヌ限定データ除く
34.2 4.8 5.7 1.4 1.3 8.9 21.8 19.3 1.3 1.3 4954
人口比換算 34.0 4.7 5.7 1.6 1.0 8.5 23.2 19.1 1.3 1.0 単純合計せず地方別人口比換算
アイヌ限定 89.5 0.0 10.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 19
参考・韓国 1.6 0.2 12.3 2.2 1.0 22.5 8.9 44.3 4.5 2.6 506

O1b2-47z(ハプログループO1b2a1a1)の47zは変異のラベル*1である。
またO1b2*(x47z)はこの変異47zがない、それ以外すべてのO1b2下位系統を意味している。
2016/4/16更新

  • D1b九州>東北になって、ますます面白くなってきた。
  • 東北の47zD1bに迫る。日本で一番47zの比率が高いのは東北だ。
  • 北海道も沖縄もD1bの少ないデータで数字が減って、そこでもますます差が減る。
  • C1a1は岡山と沖縄で増えて、少し局地性が出てきた。(あとは南九州が問題だ)
  • やはり瀬戸内海が面白い。どうやら海人のせいだな。

追加データのメモ
 元のデータについてはそちらを参照のこと。

  • 2016/4/16、某巨大掲示板で貰ったデータを追加。元のデータが何か推測はできているが、確証が取れていない。
  • 2016/10/13、出してなかったけど、そのデータはこれ。若干怪しいところはあるが、無いよりはあったほうがいい、という感覚で使ってる。(合計チェックして、ハプログループを修正したり色を付けたり少しいじってる)

    f:id:digx:20161013215209g:plain

  • 2016/12/20、アイヌデータ修正。Koganebuchiの19人分だけの数値にした。また、徳島のサンプル数と影響範囲を修正。

     

*1:現在この47zの変異ラベルは使用されておらず、CTS713などが使われる